ニュース

五輪でロシア国歌の代わりにチャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=田村雄】ロシア五輪委員会(ROC)は22日、今夏の東京五輪と2022年の北京冬季五輪に参加するロシア選手に対し、表彰式では国歌の代替曲としてロシアの作曲家チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」を使うと発表した。国際オリンピック委員会(IOC)が承認した。

 ロシアは組織的ドーピングに絡む制裁により、主要な国際大会から除外されている。東京五輪や北京五輪には個人資格で参加できるものの、表彰式では国歌を使えない。代替曲を巡っては、愛国的なロシア民謡「カチューシャ」も浮上したが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に「ロシアが連想される」などとして却下されていた。

スクラップは会員限定です

使い方
2005300 0 東京オリンピック 2021/04/23 10:36:00 2022/02/20 22:02:10

「IOC」のニュース

オリンピック 新着ニュース