ニュース

聖火リレー当日にルート短縮、「密」予想区間を回避…感染者3日連続最多の大分

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の聖火リレーについて、大分県実行委員会は24日、新型コロナウイルスの感染対策のため、大分市内のルートを短縮した。大会組織委員会によると、聖火リレーの当日の変更や短縮は初めてという。

 県実行委の発表によると、ランナーの走る距離をそれぞれ短くし、到着地点の「祝祭の広場」近くの直線約540メートルを通らないようにした。この区間は歩道がなく道幅も狭いため、人の密集が予想されると判断した。

大分県庁
大分県庁

 大分県内では24日、新たに76人の感染が判明し、3日連続で過去最多を更新した。

無断転載・複製を禁じます
2008267 0 東京オリンピック2020速報 2021/04/24 16:00:00 2021/04/24 20:04:31 2021/04/24 20:04:31 大分県庁。大分県大分市で。2020年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210424-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある