ニュース

熊本市の聖火リレー、公道での実施を見合わせる方向で調整

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熊本市中心部の酒類を提供する飲食店に、29日からの営業時間短縮を要請した熊本県の蒲島知事。県の対策本部会議で「ここで感染を抑え込む必要があり、より強い措置をお願いする」と力を込め、協力を呼びかけた。

 県によると、期間は29日~5月12日で、熊本市の下通など中心部の約2200店舗が対象。営業時間は午後9時までで、酒類のオーダーストップは同8時30分とする。

 時短要請に応じた店舗への協力金は、これまで一律4万円だったが、今回は売上高を考慮して対応する。大企業は1日当たり最大20万円、中小企業は2万5000円~7万5000円を支給する。県は27日から、手続きに関するコールセンター(096・333・2828、同・213・7090)を設ける。

 26日の対策本部会議で蒲島知事は、感染状況の推移を見極めて要請などを延長するか終了するか判断するとしたうえで、「感染拡大が続く場合は、国へ『まん延防止等重点措置』を要請せざるを得ない」と述べた。

 一方、5月5、6日に県内で予定している聖火リレーは、熊本市で公道での実施を見合わせる方向で調整を進めるほか、聖火の到着を祝って熊本城二の丸駐車場(熊本市)で実施予定の「セレブレーション」は無観客で行う方針を明らかにした。

 このほか、人口に対する感染者の割合が多い有明保健所管内(荒尾市、玉名市・郡)と熊本市の住民に対しては、27日から不要不急の外出を自粛するよう求めた。

無断転載・複製を禁じます
2014287 0 東京オリンピック2020速報 2021/04/27 05:00:00 2021/04/27 05:00:00 2021/04/27 05:00:00
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある