ニュース

サガン鳥栖・豊田陽平選手ら聖火ランナーに…佐賀で5月9、10日にリレー

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 5月9、10日に佐賀県内全20市町を通過する東京オリンピックの聖火リレーで、大会組織委員会は27日、ランナー約180人と各ランナーが走る市町を発表した。

 長崎県から届いた聖火は初日、太良町の海中鳥居前を出発。北上して武雄市や玄海町などを通り、唐津市に到着する。2日目は基山町から西に進み、吉野ヶ里歴史公園(吉野ヶ里町、神埼市)などを経て、佐賀市でフィナーレを迎える。

 県ゆかりの著名人も参加し、リレーを盛り上げる。サッカーJ1・サガン鳥栖の豊田陽平選手は鳥栖市を走る。佐賀市では、デザイナーの吉岡徳仁さんが自らデザインしたトーチを手に古里を駆ける。

 大会組織委によると、ランナーはリレー当日までに変更となる可能性がある。

 県は、3月に亡くなった柔道家・古賀稔彦さんに代わって、みやき町東尾の老舗酒造会社「天吹酒造」会長・木下武文さん(79)が5月10日に同町を走ると発表している。

無断転載・複製を禁じます
2016630 0 東京オリンピック2020速報 2021/04/28 10:02:00 2021/04/28 10:02:00 2021/04/28 10:02:00

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある