ニュース

無観客開催で会場には行けなかったが…64年大会の走者「聖火に託した平和」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 本土復帰前の1964年以来、2度目となった沖縄での東京オリンピック聖火リレーが終わった。新型コロナウイルスの感染急拡大で2日の周回リレー会場となったのは、沖縄戦の激戦地・糸満市摩文仁まぶににある平和祈念公園。沖縄戦で父を失い、前回大会でこの地を走った同市の金城安秀さん(76)は、会場を望む高台から平和な世が続くことを願った。(寺垣はるか)

聖火リレー会場が見える高台で、当時を振り返る金城安秀さん(2日午前11時34分、沖縄県糸満市で)=米山要撮影
聖火リレー会場が見える高台で、当時を振り返る金城安秀さん(2日午前11時34分、沖縄県糸満市で)=米山要撮影

 観光客も足を止めた平和祈念公園の高台。金城さんの目に聖火をつなぐランナーの姿が映った。よみがえったのは前回大会で、沖縄戦の犠牲者の鎮魂を祈り、トーチを掲げて駆けた約10分間の光景。「今回走った皆さんも平和が続くようにという願いを聖火に託したはずだ」。同じ役目を終えた走者たちに思いを重ねた。

 金城さんは父親の安彦さんを沖縄戦で亡くした。兵力増強のために、召集された防衛隊で、物資を運搬中に米兵の手投げ弾の犠牲になった。20歳代前半だった。母親のトシさん(96)から子煩悩で農作業に精を出していたと聞いているが記憶はない。

金城さんが大切に保管している前回の聖火リレーで使用したユニホームとトーチ
金城さんが大切に保管している前回の聖火リレーで使用したユニホームとトーチ

 戦後、収容所から、米軍の砲撃で破壊された集落に戻り、女手一つで育てられた。一家を支えたのは沖縄の助け合い「ゆいまーる」。集落の人々がかやぶき屋根の家を建ててくれ、栽培していたサトウキビも一緒に刈り取ってくれた。

 高校卒業後、糸満町(現・糸満市)役場に就職。地元で長距離選手として活躍すると、64年大会の聖火走者に選ばれた。仏前に「聖火ランナーは平和の使者。戦災遺児として役割を果たします」と報告した。

 迎えたリレー本番。人々が振る「日の丸」の小旗に見送られ、摩文仁の丘を背に走った。緊張を感じながらも思いは一つだった。「犠牲になった20万余の命よ、安らかに」。中継地点では、ゆいまーるで育んでくれた人々とトシさんが横断幕を広げて待っていた。

 平和の使者として大役を果たせたと思った。以来、「名誉に恥じないように」と仕事に打ち込んだ。娘3人、孫1人にも恵まれた。トーチはガラスケースに入れて自宅に飾り、ユニホームもほぼ真っ白なままで保管している。聖火リレーがニュースになるたび、家族が誇らしそうにしてくれるのがうれしかった。

 60歳代までジョギングを続け、巡ってきた2度目の聖火リレー。再び走りたかったが腰痛で諦め、沿道で声援を送るつもりだった。

 しかし、新型コロナの影響で延期され、直前には沖縄本島の公道でのリレーが2日間とも中止になった。「沿道の人々と感動を共有できるのが聖火リレーの素晴らしさなのに」と落胆したが、「形を変えてでも国立競技場までつなぐことが大事だ」と思い直した。

 当初、ゴール地点だった平和祈念公園は無観客の周回リレー会場となり、コースには近寄ることができなかった。それでも、金城さんはこの日、高台から会場を見渡し、リレーが行われた意義の大きさを感じた。「多くの人が眠るこの『平和の聖地』で、世界に向けて鎮魂と不戦の祈りを発信できた。悲劇を繰り返してはならないという、犠牲者の魂も乗せた聖火だった」

無断転載・複製を禁じます
2027640 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/03 09:26:00 2021/05/05 09:06:14 2021/05/05 09:06:14 リレーが行われている会場を見下ろす高台で、当時を振り返る金城安秀さん(2日午前11時34分、沖縄県糸満市の平和祈念公園で)=米山要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210502-OYT8I50038-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある