ニュース

男子飛び込み、玉井陸斗ら五輪代表内定…女子は榎本遼香が代表切符

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男子高飛び込み東京五輪代表に内定した玉井陸斗の準決勝の演技(3日)=原田拓未撮影
男子高飛び込み東京五輪代表に内定した玉井陸斗の準決勝の演技(3日)=原田拓未撮影
男子高飛び込み準決勝の演技を終え、馬淵崇英コーチ(右)と喜ぶ玉井陸斗選手(3日午後、東京アクアティクスセンターで)=原田拓未撮影
男子高飛び込み準決勝の演技を終え、馬淵崇英コーチ(右)と喜ぶ玉井陸斗選手(3日午後、東京アクアティクスセンターで)=原田拓未撮影

 飛び込み・ワールドカップ兼東京五輪最終選考会第3日(3日・東京アクアティクスセンター)――男子高飛び込み準決勝は、予選15位の玉井陸斗(JSS宝塚)が9位、予選18位の西田玲雄(近大)が17位で、日本水泳連盟の基準を満たして東京五輪代表に内定した。玉井は4日の決勝に進出。女子板飛び込みは予選9位の榎本遼香はるか(栃木県スポーツ協会)が、準決勝6位で代表切符をつかんだ。既にこの種目で五輪代表に決まっている三上紗也可(日体大)は準決勝5位で、ともに4日の決勝に進んだ。

無断転載・複製を禁じます
2028464 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/03 21:46:00 2021/05/03 22:01:03 2021/05/03 22:01:03 飛び込み・ワールドカップ兼東京五輪最終選考会第3日 男子高飛び込み東京五輪代表に内定した玉井陸斗の準決勝の演技(3日午後7時27分、東京アクアティクスセンターで)=原田拓未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210503-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「飛び込み」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある