ニュース

女子ハーフ、一山麻緒が自己新で優勝…五輪マラソンテスト大会

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

マラソン五輪テスト大会@札幌・武井隆次さんリアルタイム解説

 東京五輪マラソンのテスト大会「北海道・札幌マラソンフェスティバル2021」が5日、札幌市で開催され、男子のハーフマラソンはマラソン代表内定者で唯一出場した服部勇馬(トヨタ自動車)が1時間2分59秒で24位だった。ケニア選手が優勝した。

女子ハーフマラソンで優勝した一山麻緒(5日)=松本拓也撮影
女子ハーフマラソンで優勝した一山麻緒(5日)=松本拓也撮影

 女子はマラソン代表に内定している一山麻緒(ワコール)が自己新の1時間8分28秒で優勝した。補欠の松田瑞生(ダイハツ)が4秒差の2位。他の代表内定者は、鈴木亜由子(日本郵政グループ)が1時間8分53秒で3位、前田穂南(天満屋)は1時間10分50秒で5位だった。

 大会には、海外4か国から男女計6選手が、出国前に新型コロナウイルスの検査で陰性を確認したうえで来日。外部との接触を遮断する「バブル」方式や、沿道での観戦自粛などの感染症対策が講じられた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
2031035 0 東京オリンピック 2021/05/05 11:14:00 2021/05/05 19:23:10 2021/05/05 19:23:10 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210505-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース