ニュース

阿蘇と関わり続けたい…キャンパス被災の東海大生ら10人

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

グループで聖火をつなぎ、新阿蘇大橋を渡る東海大の学生ら=代表撮影
グループで聖火をつなぎ、新阿蘇大橋を渡る東海大の学生ら=代表撮影

 沖縄県から届いた東京オリンピックの聖火は5、6の両日、熊本県内13市町村を巡った。県内唯一のグループランナー「東海大学九州キャンパス」の学生や卒業生計10人は、南阿蘇村の新阿蘇大橋で、交代でトーチを掲げて笑顔で走った。

 熊本地震では村にあった旧阿蘇キャンパスが被災。村内にいた約800人の学生は熊本キャンパス(熊本市東区)に移った。

 同大大学院農学研究科の永野智大さん(23)は被災当時、農学部1年生だった。本震が襲った4月16日、突き上げるような揺れで下宿先のアパートの部屋の天井が裂けた。自身にけがはなかったが、大学があった黒川地区ではアパートの倒壊が相次ぎ、学生3人が亡くなった。

 永野さんは「阿蘇との関わりを持ち続けたい」との思いで、放牧農家の牧柵を修理するなど支援してきた。「地震を経験した最後の代として、阿蘇の人に東海大生が走る姿を見せることができて良かった」と話した。

無断転載・複製を禁じます
2034079 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/07 10:15:00 2021/05/07 10:58:57 2021/05/07 10:58:57 0390214 東海大学九州キャンパスのみなさん https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210506-OYT8I50064-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある