ニュース

困難、負けていられない…事故で負傷の3か月後に地震・車いす陸上選手の中尾有沙さん

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トーチを高く掲げる中尾さん=代表撮影
トーチを高く掲げる中尾さん=代表撮影

 沖縄県から届いた東京オリンピックの聖火は5、6の両日、熊本県内13市町村を巡った。南阿蘇村では村出身の車いす陸上選手、中尾有沙さん(33)(熊本市東区)が走者を務めた。

 日本選手権で優勝するなど三段跳びで活躍していた2016年1月、練習中の事故で下半身不随になった。その3か月後に熊本地震が発生し、村は甚大な被害を受けた。5年を経て、復興へと歩む古里と、車いす陸上に転向してパラリンピック出場を目指す自身を重ね、「困難に直面しても、一歩ずつ前に進んできた姿を見せたい」と聖火をつないだ。

 地震では、自身の小学校の通学路だった阿蘇大橋が崩落。「自分の体も、熊本も、もう元には戻らない」。そんなふうに考えたこともあった。

 しかし、村には復興を信じる村民の姿があった。観光客が来なくても再開する店、住宅再建へ奮闘する人たち。「負けていられない」との気持ちで車いす陸上の練習に励み、17年の全国大会で準優勝した。

 リレーでは3月に開通した新阿蘇大橋の上を進み、「熊本と私の元気な姿を届けられた」と笑顔で語った。

無断転載・複製を禁じます
2034002 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/07 09:45:00 2021/05/07 10:56:07 2021/05/07 10:56:07 0390213 トーチを手に新阿蘇大橋を渡る中尾有沙さん=代表撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210506-OYT8I50065-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある