ニュース

「諦めなければ再起できる」失明乗り越え志願…伴走の妻とトーチ掲げる

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京オリンピックの聖火リレーが9日、佐賀県内でスタートした。ランナーたちの様々な思いが込められた聖火は、太良町から唐津市までの9市町を巡った。10日は基山町から始まり、佐賀市でゴールする。

百合子さん(左)とともにトーチを持って走る副島さん
百合子さん(左)とともにトーチを持って走る副島さん

 「目が見えなくても、人の助けがあれば可能性は広がる」

 目の難病、網膜色素変性症の進行で視力を奪われた嬉野市の副島哲さん(43)は、経験から得たそんな思いを伝えたいとランナーを志願した。伴走する妻、百合子さん(42)とトーチを一緒に持ち、笑顔いっぱいで走った。

 約10年前に失明した。それまで働いた電器店は32歳で辞めた。「もう何もできない」。ひどく落ち込んだ。2人の子どもは幼く、「家族を養っていけるだろうか」と将来を悲観した。

 そんな時、百合子さんの励ましが心を動かした。「前を向こう」と気持ちを切り替え、県立盲学校に通い、はり・きゅうを学んだ。現在は地元で治療院を経営する。

 仕事や日常生活で、目が見えなくて困る場所では百合子さんと手を携え、サポートを受ける。この日の走りでも、沿道に知り合いがいると百合子さんから教えてもらい、手を振った。

 人生の途中で失明する人は、引きこもったり、自暴自棄になったりすることもあるという。自身も一時はそうだった。だからこそ「諦めなければ再起できる」と走りで表現したかった。

 延期を経て開催の準備が進む東京五輪に自らの人生を重ねあわせずにはいられない。ゴール後、「大会がうまくいってほしい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
2039988 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/10 09:40:00 2021/05/10 10:47:19 2021/05/10 10:47:19 副島哲さん(9日午後0時15分、嬉野市で)=森陸撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210509-OYT8I50052-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある