ニュース

京都府と岡山県、聖火リレーの公道走行中止を正式発表

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 京都府は12日、府内で25~26日に予定されている東京五輪の聖火リレーについて、公道での実施を中止すると発表した。両日とも府立京都スタジアム(亀岡市)で無観客の代替措置を実施する。スタジアム内を、ランナーが200メートルずつ走るリレーや点火式を実施する案を検討している。

長崎県時津町で行われた聖火リレー(7日)
長崎県時津町で行われた聖火リレー(7日)

 19~20日にリレーが予定されている岡山県も、公道でのリレー中止を正式に発表した。代替措置として、19日は岡山城(岡山市)でランナーが隣の人へトーチの火を移す「トーチキス」を、20日は津山中央公園グラウンド(津山市)で短い距離のリレーを行う方向で検討を進めている。

無断転載・複製を禁じます
2047607 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/13 00:24:00 2021/05/13 00:24:00 2021/05/13 00:24:00 沿道の観衆を背に、聖火の到着を待つランナー(時津町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210512-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース