ニュース

豪の柔道代表選手団、埼玉県での合宿を中止…「感染状況を考慮」

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪で埼玉県上尾市と伊奈町を事前合宿地としていたオーストラリアの柔道の代表選手団が、新型コロナウイルスの感染拡大を理由に合宿を取りやめたことが、県への取材でわかった。

埼玉県庁
埼玉県庁

 県と上尾市、伊奈町は2018年にオーストラリアの柔道連盟と事前合宿に関する協定を締結した。県によると、大会前の7月上旬から1~2週間程度、最大で15人程度の選手団が上尾市の県立武道館を練習拠点とし、伊奈町にある県民活動総合センターに宿泊する予定だった。

 しかし、東京都が政府に緊急事態宣言の再発令を要請した4月21日に、連盟側から「感染状況を考慮した結果、合宿を中止する」という趣旨の連絡があり、県と2市町が協議して、今月10日に受け入れを中止することを決定した。

 県によると、県内では上尾市と伊奈町を除いて17市町でオランダ(柔道、空手)やギリシャ(陸上)などの選手団が事前合宿を行う予定だが、現時点でほかに県内での合宿を中止する国は把握していないという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2049538 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/13 18:14:00 2021/05/13 18:14:00 2021/05/13 18:14:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210513-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース