ニュース

山口県1人目のランナーだった主婦、錦帯橋で「幻のリレー」

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京オリンピック聖火リレーが中止された13日、山口市の中央公園で行われた点火式で、聖火皿に火がともされた。走れなかった人たちは、会場や地元、職場などで、リレーや五輪に思いをはせた。

 山口県岩国市美和町出身の元体操選手で、山口県内1人目のランナーを務める予定だった埼玉県川口市の主婦三浦(旧姓・松本)由子よしこさん(63)が岩国市の錦帯橋で聖火を移す「トーチキス」の動きを模した。

錦帯橋でトーチキスの動きを模す三浦さん(左)と福永さん
錦帯橋でトーチキスの動きを模す三浦さん(左)と福永さん

 日本が参加をボイコットした1980年のモスクワ五輪で体操女子日本代表だった。引退後も悔しさを引きずってきたが、今回の聖火リレーで区切りをつけるつもりだったという。

 トーチキスの相手は、7人目のランナーだった岩国中2年の福永陽果はるかさん(13)。小学生時代に地元のソフトボールチームの主将を務め、今は陸上に取り組んでおり、「少しでも明るく、元気な話題を届けたい」と意気込んでいた。

 2人は市役所を訪れた後、錦帯橋に向かった。橋上を走り、聖火を移す動きを模した。三浦さんは「40年前の五輪不参加は何の説明もないままだが、よいけじめになった。今後は五輪を楽しんで見られると思う」と語った。

無断転載・複製を禁じます
2050727 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/14 09:32:00 2021/05/14 10:26:02 2021/05/14 10:26:02 錦帯橋上で、中止になったトーチキスを模して行う三浦さん(左)と福永さん https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210513-OYT8I50117-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある