ニュース

世界つなぐ曲、聖火ゴール彩る…盲目のギタリスト・田川ヒロアキさん

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の聖火リレーは14日、山口県の宇部、山陽小野田、美祢、長門、萩の5市を74人がつなぎ、同県内での日程を終えた。下関市は中止された。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、同県では1日目は点火式のみの実施となったが、この日のランナーたちはそれぞれの思いを込めて走った。聖火は15日から島根県を巡る。

「聖火は見えないが、温かさ伝わった」

Skyを熱唱する田川さん(中央)
Skyを熱唱する田川さん(中央)

 県内のリレーのゴール地点・萩中央公園(萩市)で行われたセレブレーション(聖火到着式)では、下関市出身の盲目のギタリスト・田川ヒロアキさんが東京五輪・パラリンピックのウェルカムソングとして自ら作詞・作曲した「Sky(スカイ)」などを演奏し、式典に花を添えた。

 先天性の視覚障害があり、ギター演奏を見たことがなかったことから、ギターのネックを上から押さえる独自の演奏法を確立。東京を拠点にコンサートや楽曲制作、講演会活動などに取り組んでおり、2011年に県をPRする「山口ふるさと大使」、今月12日に下関市の「しものせき海響大使」に任命された。

 「大空 見上げて 心の叫びを描けば 降る雨 吹く風 夜明けが 塗り替えてく」

 Skyは2019年、クラウドファンディングで寄せられた資金を活用し、米国でレコーディングした。現地で妻の美瑞穂さんが発した「果てしなく空が広い」という言葉から、スローテンポな曲調に、世界中でつながる空と明日への希望をイメージした歌詞を紡いだ。

 20年来の付き合いがある下関市のよさこい団体らと一緒にステージ上で披露すると、観客から大きな拍手が送られた。「聖火は見えないけれど、皆さんの拍手から感動と温かさが伝わってきた。一生に一度しかない機会に自分らしい演奏ができた」。大役を終えた田川さんは満足げに話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2053723 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/15 11:27:00 2021/05/15 11:27:00 2021/05/15 11:27:00 セレブレーションでSkyを熱唱する田川さん(中央) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210514-OYT8I50111-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース