ニュース

滋賀、聖火式典の縮小検討…公道リレーは「予定通り」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 滋賀県内で27、28両日に予定されている東京五輪の聖火リレーについて、三日月知事は14日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、出発式といった式典の内容や観客数を見直し、規模を縮小する考えを明らかにした。一方で、全国で見合わせが相次ぐ公道でのリレーについては「予定通り行う」との方針を示した。

 聖火リレーは全19市町で行われる。三日月知事は報道陣の取材に対し「何らかの見直しが必要だ。観客を減らすならどれくらいか、感染対策を徹底する上で実施が難しいイベント内容はどれか、現在検討を進めており、週明けには市町や大会組織委に相談したい」と述べた。

 リレーでは初日、高島市で出発式があり、ゴールの大津市では聖火の到着を祝う式典「セレブレーション」を開催。2日目は甲賀市で出発式、長浜市でセレブレーションがある。高島市の出発式では子どもらの合唱や吹奏楽が予定されており、甲賀市でも小中学生ら約550人が参加予定。セレブレーションを含め、各会場の観客100~400人も公募で決定済みだ。

 これに対し、知事と市町長との意見交換の場で、一部市長から「集団的な活動が許されるのか」といった懸念が示されていた。

無断転載・複製を禁じます
2053729 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/15 11:27:00 2021/05/15 11:27:00 2021/05/15 11:27:00

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある