ニュース

「町技」ホッケーのチーム、スティックをトーチに持ち替えエール

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京オリンピックの聖火リレーは16日、島根県内2日目が行われた。

 奥出雲町では、「町技」とも言われるホッケーに関わる15~65歳の10人が、県内唯一のグループランナーとして、この日はスティックをトーチに持ち替えて聖火をつないだ。

グループランナーとして走ったホッケー関係者たち(奥出雲町で)
グループランナーとして走ったホッケー関係者たち(奥出雲町で)

 地域を挙げたホッケーの普及が始まったのは、1982年のくにびき国体で同町が開催地になったのがきっかけだ。ルールを知る人もほとんどいない中、町内で県ホッケー協会を結成。中学・高校にもホッケー部が誕生するなどして、熱は高まっていった。

 「競技を町に根付かせたい」と、国体後も町民らが大会を開き、選手の育成にも注力。地元から五輪選手を輩出するまでに成長した。

 グループ最年長の小櫻こざくら和裕さん(65)は、くにびき国体を機にホッケーを学び、横田高校女子ホッケー部の監督を創部以来25年近く務めたベテラン。日本代表選手も育てた。「ホッケーが縁でリレーを走るとは想像もしていなかった」

 全員で走り切り、「町にゆかりのある東京五輪代表候補たちへのエールになったのではないか」。五輪代表の活躍に期待を寄せた。

無断転載・複製を禁じます
2056941 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/17 10:07:00 2021/05/17 10:12:17 2021/05/17 10:12:17 県内唯一のグループランナーとして走った奥出雲町ホッケー部(奥出雲町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210517-OYT8I50002-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある