ニュース

埼玉県での観客有無、23日にも組織委へ報告…最終決定は6月29日

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県内で7月6~8日に行われる東京オリンピックの聖火リレーについて、県は観客の有無など実施形態を検討した上で、今月23日にも大会組織委員会に報告することを決めた。大野知事が19日の町村長会議で明らかにした。

 聖火リレーについて、県は現時点で、沿道で密が発生しないよう対策をとるほか、聖火の到着を祝うために行われる式典「セレブレーション」の入場者を事前予約制にするなど、新型コロナウイルス対策を施した上で「予定通り開催」(大野知事)する方向だ。だが、今後、感染状況が悪化した場合は、無観客や公道でのリレー中止も含めて検討する。23日の報告は一次判断とし、リレーの2週間前の6月22日には方針を決定して、同29日に最終判断する。

 聖火リレーを巡っては、大阪府などが感染拡大を理由に公道でのリレーを中止している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2065033 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/20 09:47:00 2021/05/20 09:47:00 2021/05/20 09:47:00

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース