ニュース

[空手・インタビュー]植草歩選手「技を極めること、工夫が大好き」

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 空手・女子組手の植草歩選手に空手の魅力や東京オリンピックに向けた意気込みを聞きました。

空手との出会い

 ――空手と出会う前はどんな子どもでしたか?

 植草 ままごとが好きで、姉と一緒にお人形で遊んでいるような子どもでした。小学生になると、近所の男の子と外で走ったり、体を動かすのが好きな子になっていました。体育の授業もすごく好きでした。人と競争し、勝つためにがんばることが好きでした。

 ――小学3年生から空手を始めたそうですね。

 植草 毎日一緒に遊んでいた幼なじみの男の子に誘われて、道場に顔を出したのです。「ミット打ちをしてごらん」と先生に言われてやってみたら、パーンとはじける音がすごく気持ちがよくて、父に「私は空手がやりたい」と伝えました。

学生時代

 ――その後、中学、高校と空手を続けてこられました。

 植草 (空手を続けられる環境を求めて)いろいろな高校を訪ねました。最終的に柏日体大高校に進学することを決めて、高校でぐんと成績が伸びた感じです。

 ――その頃から空手でも一番を目指していましたか?

 植草 はい。でも、チャンピオンになりたいと思いつつも、負けたらどうしようとか、こうやって負けちゃうんじゃないかと、ネガティブな思考をしてしまう選手でした。

 ――それでも続けた空手の魅力とは?

 植草 技を極めることや、相手がこう来るからどうするという(技の)工夫が好きで、どんどんはまりました。下の学年に強い子たちが入ってきてからは、常に勝たないと後輩を指導できないと思い始めてから成績が伸びるようになりました。人間的な成長とともに、空手の成長もできたと思います。

空手家として

 ――空手人生を歩もうと決めたのは?

 植草 大学です。高校でインターハイ3位になって、国体も優勝できました。空手の雑誌に載る、周りから注目される、大学の推薦が来る、という自分の中の目標がだいぶ達成されて満足していました。体育の先生になりたかったのです。でも、帝京大学から声をかけていただきました。親や高校の先生方から「帝京大学は日本一だから行くべきだ」と言われて、進学することに決めました。

 帝京大学には日本一、世界一の先輩がいて、自分が見たことのない世界でした。みんな意識が高くて、常に一番を目指しているチームで、最初はすごく圧倒されました。帝京に入ってから世界一、日本一を目指す選手になれたと思います。

 ――自分の人生にとって空手とは?

 植草 私の人生を本当に大きく変えてくれました。空手をやっていなかったら、普通の女の子みたいにバイトして、ダイエットして、おしゃれして、という方に進んで、きっと体育の先生になりたいとも思わなかったのでは。

東京オリンピック

 ――空手が東京オリンピックの追加種目に決まった時、どう思いましたか?

 植草 やっと、オリンピック(種目)になったんだなと。中学、高校の頃、何度かオリンピック種目に入るチャンスがあったことは知っていました。テレビや雑誌で見てきた空手の選手がオリンピックに出てくれないかなって思って、子どもの頃はウキウキしていました。今その立場に自分が立っていて、そういうふうに思っている子どもたちはたくさんいると思うので、その期待に応えたいと思います。

 ――東京オリンピックに向けた計画は?

 植草 技のバリエーションを増やすため、いろいろな技を試したり、自分の視野を広げたりしたいです。大会に出て(代表選考に必要な)ポイントをどんどん取って、オリンピックに向けて確立させていくというのが、今のざっとした目標です。

 ――得意技は?

 植草 中段突きです。でも、みんなにばれているので、それを生かすために、もっとほかの技を増やしていきたいです。足技を使う他の競技を空手に生かしていかないといけないと思っています。

プライベート

 ――強さだけでなく、ルックスも注目されていますね。

 植草 最初は恥ずかしい気持ちでいっぱいでした(笑)。でも、ほめられて嫌な気持ちになる人はいないと思うので、すごくうれしいです。(注目されることで)多くの人に空手を知ってもらうきっかけになれればいいと今は思っています。

 ――オフの日はどう過ごしていますか?

 植草 おしゃれが大好きです。お化粧したり、髪の毛をおろしたりすることで、ふだんと違う自分になれると思っています。はやりのお店やイベントに行ったり、洋服を買いに行ったりすることが、私にとってリフレッシュになっています。(笑)

 ――植草選手のファンの方や小さいお子さんたちに一言お願いします。

 植草 私は大学時代、空手で勝たなきゃ、勝たなきゃと自分自身を追い込んでいたところがありました。社会人になって気づいたのは、やはり何でも楽しんでやる方が人生は楽しい。しんどい時も、つらいと思うより、どうすれば楽しく乗り越えられるかを考えたら、空手もしんどくなくなりました。どんなことでも楽しむことが、人間として一番輝くきっかけになるのではないかと思います。空手だけでなくても、いろんなことをみんなに楽しんでやってもらいたいなと思います。(聞き手・笠井智大)

動画

 うえくさ・あゆみ 1992年7月25日、千葉県八街市出身。柏日体高等学校(現・日体大柏高等学校)から帝京大学へ進学。香川政夫師範に師事する。2015年、全日本空手道選手権大会(個人組手)で初優勝。16年、17年と3連覇を果たす。強さだけでなく、モデルで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅに似たルックスでも注目されている。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2073785 0 東京オリンピック2020速報 2017/08/30 15:00:00 2017/08/30 15:00:00 2017/08/30 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210524-OYT8I50018-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「空手」のニュース

オリンピック 新着ニュース