ニュース

「かにクン」鳥取の海を次代に継ぐ…鳥取聖火リレー2日目

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の聖火リレーは22日、鳥取県内2日目が行われ、聖火はランナーのさまざまな思いや願いとともに、琴浦町から鳥取市までの9市町を巡った。23日は兵庫県に舞台が移るが、公道でのリレーは中止が決まっている。

出発前に「カニポーズ」を決める中谷さん(若桜町で)
出発前に「カニポーズ」を決める中谷さん(若桜町で)

 水産分野の専門家として、鳥取の海の魅力を発信し続ける中谷英明さん(58)。「きれいな海を次の世代につなげたい」との思いを胸に、聖火を次の走者に引き継いだ。

 講演会やイベントには、カニのかぶり物をかぶった「かにクン」として出演する。魚のかぶり物で親しまれる「さかなクン」と親しく、共著「さかなクンの山陰海岸ギョギョ図鑑」(今井出版)がある。

 鳥取市出身。小学5年の時に訪れた浦富海岸(岩美町)で、山陰の海の美しさや多様な生き物に魅せられた。大学で海洋生物の研究に明け暮れ、卒業後は兵庫県や鳥取県の職員として水産振興などに取り組んだ。「鳥取の海や魚の魅力を伝えたい」と51歳で早期退職し、水中写真家やシュノーケリングのインストラクターとしても活動する。

 聖火リレーへの参加を希望したのは、美しい海を守る活動をアピールしたい思いや、スポーツの祭典を盛り上げたい気持ちからという。トレードマークのかぶり物をかぶることはかなわず、海のない若桜町を走り抜けたが、出発時の「カニポーズ」で鳥取の海の素晴らしさを精いっぱいアピールした。

無断転載・複製を禁じます
2072094 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/23 09:32:00 2021/05/23 09:32:00 2021/05/23 09:32:00 聖火をともし、ポーズを決める中谷英明さん(0550806)(22日午後5時54分、鳥取県若桜町で)=前田尚紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210522-OYT8I50060-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース