ニュース

鳥取城北高相撲部コーチ、来日から20年経て「夢かなった」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鳥取県内で21、22日に行われた東京オリンピックの聖火リレー。将来の五輪出場を目指す10歳代の若者ら173人のランナーが、境港市から鳥取市まで聖火を運び、22日夜にはゴールの県立布勢総合運動公園(ヤマタスポーツパーク)球技場で、到着を祝う式典「セレブレーション」が行われた。

式典会場を笑顔で走るレンツェンドルジさん(鳥取市で)=前田尚紀撮影
式典会場を笑顔で走るレンツェンドルジさん(鳥取市で)=前田尚紀撮影

 「お金を稼いで母国の両親を楽にさせたい」。相撲界での成功を目指して、モンゴルから来日した。約20年の時を経て、レンツェンドルジ・ガントゥクスさん(36)は、鳥取の人たちへの感謝をかみしめながら聖火をつないだ。

 レスリングとモンゴル相撲に打ち込んでいた少年時代、来日のチャンスに巡り合った。有望株を発掘するため、モンゴルを訪れていた鳥取城北高相撲部の石浦外喜義ときよし監督(現総監督)の目に留まり、2001年に同高に入学した。

 がむしゃらに稽古に励んだものの、角界入りは果たせなかった。現在は古巣の相撲部でコーチを務め、大関・照ノ富士関など大勢の力士の輩出に貢献した。

 石浦監督や同僚の教職員らに支えられ、今の自分があると考えている。聖火を掲げて式典会場を走ることで、感謝の念を表現するとともに、相撲部員をはじめ、同高の生徒に感動や勇気を与えることができた。レスリングで五輪を目指していた時期もあり、「第二の古里・鳥取で、五輪に関わるという幼い頃からの夢がかなった。本当にうれしい」と笑顔で語った。

無断転載・複製を禁じます
2073537 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/24 09:36:00 2021/05/24 09:41:25 2021/05/24 09:41:25 セレブレーション会場を笑顔で走るガントゥクスさん(0551005)(22日午後7時57分、鳥取市で)=前田尚紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210523-OYT8I50042-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「レスリング」のニュース

オリンピック 新着ニュース