ニュース

五輪観客数決定は6月下旬以降の見通し…橋本会長「緊急事態宣言の状況見る」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子会長は28日の定例記者会見で、会場の観客数上限の決定時期が6月下旬以降となる見通しを示した。東京都などに出されている緊急事態宣言が6月20日まで延長されることを踏まえ、「状況を見ていかなければ、観客の上限を決めるのは難しいのではないか」と述べた。

大会組織委の橋本会長
大会組織委の橋本会長

 橋本会長はこれまで、宿泊や輸送のキャンセルなどの影響を考慮し、6月の早い時期に決める意向を示していたが、「6月20日の後に政府が示す基準に沿って考えたい」と語った。「ぜひ観戦したいという人もいて、そうした方の期待に応えたい。緊急事態宣言下でも観客を入れた形でスポーツイベントが行われている」とも話し、観客を入れた形での開催に意欲を示した。

無断転載・複製を禁じます
2085533 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/28 23:38:00 2021/05/28 23:38:00 2021/05/28 23:38:00 橋本聖子(はしもと・せいこ)。2020年9月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210528-OYT1I50150-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「組織委」のニュース

オリンピック 新着ニュース