ニュース

【独自】東京五輪観客に「陰性証明」求める、1週間以内の取得条件…政府原案

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 夏の東京五輪・パラリンピックの観客の新型コロナウイルス対策について、政府が検討している原案が判明した。入場時にPCR検査などの陰性証明書提示を求めることや、会場内での食事や飲酒の禁止などが柱となっている。厳しい対策により、大会期間中の感染拡大防止を図る。

国立競技場(9日、東京都で、読売ヘリから)=佐藤俊和撮影
国立競技場(9日、東京都で、読売ヘリから)=佐藤俊和撮影

 複数の政府関係者が明らかにした。政府と東京都、大会組織委員会は会場の観客数上限を6月中に判断する方針だ。一定の観客を入れる場合を想定し、原案を基に3者で感染対策の具体化を急ぐ。

 原案によると、観客全員に事前にPCR検査などを求め、入り口で観戦日の前1週間以内の陰性証明書を提示することを条件に入場を認める。ワクチンを接種した人は接種証明書があれば陰性証明書は求めない。検査費は自己負担で、政府は検査数は1日最大約40万件と試算しており、今後、検査態勢の拡充も図る。

 会場では、入り口での健康チェックやマスクの常時着用、分散退場などを徹底する。観戦中の食事や飲酒、大声での応援、ハイタッチは禁止の方向だ。警備員を配置し、違反に対しては入場拒否や退場などの措置も想定している。

残り:264文字/全文:855文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2088716 0 東京オリンピック2020速報 2021/05/31 05:00:00 2021/05/31 11:11:29 2021/05/31 11:11:29 陸上の東京五輪テスト大会が行われた国立競技場(9日、東京都で、本社ヘリから)=佐藤俊和撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210530-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース