ニュース

聖火皿に移した若村麻由美さん「知恵と努力でコロナを克服していけると感じた」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 石川県内での東京オリンピックの聖火リレーは1日、前日に続いて公道での実施を中止し、七尾市の和倉温泉湯っ足りパークで79人のランナーがトーチキスを行って聖火をつないだ。県内での日程は全て終了し、聖火は富山県へと引き継がれる。

聖火皿に点火する若村さん
聖火皿に点火する若村さん

 県内で2日間にわたってつながれてきた聖火は、最後にPRランナーの女優若村麻由美さん(54)の手によって聖火皿に移された。

 若村さんは「東日本大震災の復興もコロナとの戦いもまだまだ続くが、聖火を見て、人間の持つ知恵と努力で克服していけると感じた」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2094481 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/02 10:03:00 2021/06/02 10:03:00 2021/06/02 10:03:00 最後に聖火皿に点火する若村麻由美さん(6月1日午後4時5分、七尾市の和倉温泉湯っ足りパークで)=竹村一朗撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210601-OYT8I50105-T.jpg?type=thumbnail

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース