ニュース

小林幸子さん、古里・新潟市で「皆さんの思いを背に」聖火最終走者

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の聖火リレーは新潟県内2日目の5日、晴天に恵まれた中、長岡市から村上市まで8市町村を93人のランナー(グループも含む)が駆け抜けた。2日間で全14市町村を巡り、計173人のランナーでつないだ聖火は山形県へ引き継がれた。

 新潟市の最終走者を務めたのは同市出身の歌手小林幸子さん(67)=写真=。市陸上競技場のトラックを走り終えると、目に涙を浮かべた。この日、デビューから57年を迎えたといい、「くじけそうな時に古里に助けてもらった。新潟の皆さんの思いを背に走れたことは一生の宝物」と感慨深げに話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2104754 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/06 09:58:00 2021/06/06 10:22:41 2021/06/06 10:22:41 0690416 小林幸子 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210605-OYT8I50054-T.jpg?type=thumbnail

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース