ニュース

山県亮太が10秒01、五輪参加標準記録を突破…4人目

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上の布勢スプリントが6日、ヤマタスポーツパーク陸上競技場(鳥取市)で開催され、男子100メートル予選2組で山県亮太(セイコー)が、東京五輪参加標準記録の10秒05を切る10秒01(追い風1・7メートル)をマークし、午後の決勝へ進んだ。3組の桐生祥秀(日本生命)は、2・6メートルの追い風参考記録となる10秒01。アキレス腱に軽い痛みがあるとして決勝は棄権する。

 参加標準記録突破者は既に桐生、サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)、小池祐貴(住友電工)が切っており、山県を含めて4人となった。24日開幕の日本選手権(大阪市)で3位以内に入れば、代表(最大3枠)に即時内定となる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2104945 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/06 13:02:00 2021/06/06 13:02:00 2021/06/06 13:02:00

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース