ニュース

元競泳日本代表の「天才少女」、亡き父に感謝を込めて聖火つなぐ

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京オリンピックの聖火リレーが8日、秋田県内で始まった。古里の魅力発信、家族への感謝、新型コロナウイルスの収束――。それぞれの思いを胸に抱いた94人のランナーが、湯沢市から秋田市までの7市町で聖火を笑顔でつないだ。9日は潟上市から鹿角市まで聖火を運ぶ。

 秋田市では、日本がボイコットした1980年モスクワ五輪を含め3大会で競泳の日本代表に選ばれた平泳ぎの長崎宏子さん(52)が、五輪や昨年亡くなった父への感謝を込めてふるさとで聖火をつないだ。

聖火を手に走る長崎宏子さん(8日、秋田市で)=米山要撮影/
聖火を手に走る長崎宏子さん(8日、秋田市で)=米山要撮影/

 長崎さんは小学6年で臨んだモスクワ五輪の日本代表選考会で2位に入り、「天才少女」ともてはやされた。小学生が夏季五輪代表になるのは国内では初めてだった。コーチは陸上競技が専門だったが、他県のコーチに教えを請いながら指導にあたってくれた。

 その後、84年ロサンゼルス五輪は左足のけがに泣かされ200メートルで4位、88年ソウル五輪では予選落ちを経験。メダルには手が届かなかった。92年バルセロナ五輪を前に23歳で引退。それでも「五輪の経験は宝物。応援してくれた秋田の人たちに感謝の気持ちを伝えたい」と聖火ランナーを引き受けた。

 昨年9月、五輪が1年延期される間に、父忠夫さんが82歳で亡くなった。仕事一筋で家では無口な父だったが、試合前には必ず「まず頑張ってこいや」と声をかけてくれた。聖火ランナーを務めると伝えたときは、「見に行かねばいけねな」と喜んでくれた。

 「父は五輪でも直接試合会場には見に来なかった。今回もきっとどこかで見守ってくれていると思います」と長崎さん。この日の最終ランナーとして、同市のエリアなかいち「にぎわい広場」で手を振りながら笑顔で走った。走り終えた長崎さんは「大役を無事に務められて良かった。秋田の人たちにとびっきりの笑顔で感謝の気持ちを伝えられたと思う」と話していた。

湯沢で出発式

 午前9時半に湯沢市役所前で始まった出発式では、佐藤一夫市長がトーチに点火。新型コロナウイルス感染拡大の影響で当初予定されていた演出は中止になったが、集まった市民からは拍手が送られた。

 第1走者を務めたのは、同市出身のテノール歌手中鉢聡さん(55)。中鉢さんは東京芸術大卒業後、教師を経てオペラ歌手に転身し、公演活動のかたわら地元の子どもたちとの交流や合唱団の指導も行っている。「音楽でもスポーツでも大好きなこと、熱中できることを見つけて、一生懸命努力してほしい。そんな思いが今回の聖火リレーで子どもたちに伝わればうれしい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
2111061 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/09 09:35:00 2021/06/09 10:28:05 2021/06/09 10:28:05 聖火を手に走る元五輪代表の長崎宏子さん(8日午後7時56分、秋田市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210608-OYT8I50105-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある