ニュース

ミュンヘン金の柳田英明さん「生まれた町で2回も走れて感無量」…57年ぶりに聖火ランナー務める

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京オリンピックの聖火リレーは秋田県内2日目の9日、潟上市から鹿角市までの7市町村を巡り、県内の全行程を終えた。沿道からはたくさんの拍手が送られた。2日間で総勢180人のランナーがそれぞれの思いを胸につないだ聖火は青森県へ引き継がれた。

トーチを手に走る柳田英明さん(9日、八郎潟町で)=高橋美帆撮影
トーチを手に走る柳田英明さん(9日、八郎潟町で)=高橋美帆撮影

 八郎潟町では、1972年ミュンヘン五輪のレスリング57キロ級で金メダルを獲得した柳田英明さん(74)が、前回64年の東京五輪に続き2回目の聖火ランナーを務めた。「生まれた町で2回も走れるなんて感無量。幸せもんだ」。町のヒーローが57年ぶりに聖火を手に走った。

 前回走った時は秋田商高の2年生。レスリングを始めて1年で全国大会で活躍し、ランナーに選ばれた。町は人でごった返し、屋根の上から声援を送る人もいた。遠い存在だった五輪が急に身近に感じられた。

 4人きょうだいの次男。家計のことも考えて高校卒業後は就職するつもりだったが、悩んだ末に五輪出場を目指してレスリングの強豪・明治大に進学した。「前回の聖火リレーでの感動が自分の人生を五輪へと導いてくれた」と振り返る。

1

2

無断転載・複製を禁じます
2113907 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/10 09:33:00 2021/06/10 10:23:19 2021/06/10 10:23:19 聖火ランナーの柳田英明さん(6月9日午前10時2分、秋田県八郎潟町で)=高橋美帆撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210609-OYT8I50120-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある