ニュース

国内の報道関係者にもワクチン接種を検討…GPS対象は海外アスリートも

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は9日、大会を取材する国内の報道関係者にも新型コロナウイルスのワクチン接種を行う方向で調整を進める考えを明らかにした。国際オリンピック委員会(IOC)の理事会に準備状況をオンラインで報告した後に記者会見し、「プラスアルファのワクチンが手に入るのであれば、ボランティアと同様に検討していきたい」と語った。

IOC理事会プレゼンテーション終了後に、取材に応じる東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本会長(右)と武藤事務総長(9日午後、東京都中央区で)=代表撮影
IOC理事会プレゼンテーション終了後に、取材に応じる東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本会長(右)と武藤事務総長(9日午後、東京都中央区で)=代表撮影

 日本選手団を含む大会関係者向けのワクチンは、IOCから約2万人分の提供を受けており、さらに提供してもらえるかを政府が交渉しているという。この追加分をボランティアと国内の報道関係者に接種してもらう計画だ。

 また、組織委が全地球測位システム(GPS)を使って行動を把握する対象は、来日する海外の報道関係者だけでなく、海外からのアスリートも含まれることを明らかにした。

無断転載・複製を禁じます
2113538 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/10 00:19:00 2021/06/10 00:19:00 2021/06/10 00:19:00 IOC理事会プレゼンテーション終了後に、取材に応じる東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(右)と武藤敏郎事務総長=東京都中央区で2021年6月9日午後10時20分、小川昌宏撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210610-OYT1I50006-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある