ニュース

公園内を30メートル走ってトーチキス…青森の聖火リレー初日

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京オリンピックの聖火リレーが10日、青森県内で始まった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、1日目は公道での実施が中止され、代わりに青い海公園(青森市)で、走者110人が園内の約30メートルをそれぞれ走って聖火をつなぐ「トーチキス」などが無観客で行われた。走者たちは、感謝の気持ちや地元への思いを胸に大役を果たした。11日は、十和田市から八戸市までの4市町で、公道で実施される。

「土偶ポーズ」でPR…三内丸山遺跡ボランティアガイド 成田武 さん

「土偶ポーズ」を決める成田さん(左)ら
「土偶ポーズ」を決める成田さん(左)ら

 青森市の成田武さん(43)は、世界遺産の正式登録が目前に迫る「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の一つ、三内丸山遺跡のボランティアガイドを務めて約20年になる。「縄文遺跡を広くPRしたい」と笑顔で走り、両手を広げて「土偶ポーズ」を披露した。

 ボランティアになった当時は大学生。はじめは軽い気持ちだったが、遺跡に通ううち、学校では習わなかった縄文人の定住の暮らしを知り、「はまった」。現在は市内のホテルで働き、休日になるとガイドとして遺跡に立つ。

 縄文遺跡群が登録勧告を受けると「何とも言えないくらい最高な気持ち」になった。「私が走ったことで、みなさんに縄文を知ってもらえたらいいな」。その顔は、達成感に満ちていた。

スクラップは会員限定です

使い方
2116891 0 東京オリンピック 2021/06/11 09:34:00 2021/06/11 09:52:09 2021/06/11 09:52:09 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210611-OYT8I50000-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース