ニュース

2日間で179人が聖火つなぐ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の聖火リレーは10、11日に青森県内を巡った。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で公道での走行中止を余儀なくされる区間が相次いだが、2日間で179人が聖火をつなぎ、県内は笑顔に包まれた。両日を振り返る。 

トーチキス、感謝つなぐ

 10日は公道での実施が中止となり、代わりに青い海公園(青森市)で約30メートル走って聖火をつなぐ「トーチキス」が行われた。

 全身の血管に炎症が起きる「川崎病」を乗り越えた中泊町職員の中村蒼太さん(22)は、感謝の気持ちを込めて火をつないだ。1歳で川崎病を発症、病と向き合いながらも陸上競技を続けた。昨年、ようやく治り、病院通いも終わった。「病気がちでも一生懸命頑張れば目標をかなえられることを伝えたい」と笑顔を見せた。 

 板柳町のリンゴ農家、寺本充宏さん(50)が走者を務めたのは、農業の楽しさを伝えるため。走り終えると、「先人が築いてきたリンゴ産業を次の代へつなげたい」と語った。

 県立青森高校(青森市)のボート部で活躍する尾野 彩空さら さん(18)は手を振りながら笑顔で走り、「ボートの試合よりは緊張しなかったが、周りの人への感謝の気持ちが湧いてきた」と顔をほころばせた。

公道リレー、拍手で応援

 11日は十和田市から八戸市までの4市町でリレーを実施。沿道には聖火を一目見ようと多くの市民が詰めかけ、感染拡大に気をつけながら拍手で応援していた。

遮光器土偶と合掌土偶のポーズを披露する後藤さん(右)ら(11日、階上町で)=八巻朱音撮影
遮光器土偶と合掌土偶のポーズを披露する後藤さん(右)ら(11日、階上町で)=八巻朱音撮影

 世界文化遺産への登録が見込まれる「北海道・北東北の縄文遺跡群」の一つ、小牧野遺跡(青森市)の保護センター副館長の後藤公司さん(45)は階上町を走った。環状列石をモチーフにしたマグカップを考案するなど、多くの人の興味を引くアイデアを練っている。この日のトーチキスでも片方の足を折り曲げ、「遮光器土偶」をまねてみせた。沿道に手を振りながら大役を果たすと、「コロナ禍だが、前向きなニュースを届けられるように努力していきたい」と誓った。

57年ぶりの夢、この手に…野田武尚さん

野田武尚さん(10日、青森市で)
野田武尚さん(10日、青森市で)

 10日、青い海公園(青森市)で聖火をつないだ野田武尚さん(74)は、1964年の東京五輪で聖火ランナーの「補助ランナー」として沿道を伴走した。「次に日本で五輪をやる時には、絶対に聖火ランナーになろう」と心に誓い、57年ぶりに夢をかなえた。

 当時は県立七戸高校(七戸町)野球部の3年生。聖火ランナーを務めた陸上部員のそばを走った。聖火ランナーへの憧れが強くなったのは卒業直後。就職した地元の信用金庫で、同僚たちから聖火リレーの思い出を次々と尋ねられ、聖火を手にできなかったことを悔やむようになった。

 2020年東京五輪の開催が決まると、迷わずランナーに応募した。

 前回の聖火リレーを思い起こすと、沿道の人はまばらで、盛大な応援を受けた記憶はない。今回はコロナ禍で公道を走れず、距離も30メートルに短縮されたが、「長い距離だと、トーチを落とす不安もある。いい距離だ」と前向きにとらえた。

 トーチに聖火がついた瞬間、「ついに来たか」と思った。聖火が手にあるのと、ないのとでは全く違った。「(トーチを)持つことができたし、引き継ぐことができた。自分は幸せ者だ」。走り終え、すがすがしい表情を浮かべた。

無断転載・複製を禁じます
2121081 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/13 05:00:00 2021/06/14 11:49:53 2021/06/14 11:49:53 遮光器土偶と合掌土偶のポーズを披露する後藤さん(右)ら(11日午後5時19分、階上町で)=八巻朱音撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210612-OYT8I50039-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース