ニュース

五輪選手、帰国後に発症も報告・違反時の処分明記…「指針」第3版

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国際オリンピック委員会(IOC)などは15日、東京五輪・パラリンピックの選手向けの新型コロナウイルス感染対策指針「プレーブック」第3版を公表した。行動制限を守らなかった場合の処分を明記したほか、競技を終えて出国後も14日間は健康観察を続け、発症した場合、速やかに報告することなどを盛り込んだ。

スイスのIOC本部(ロイター)
スイスのIOC本部(ロイター)

 選手は自国を出発する14日前から検温などで体調を管理し、出発前の96時間以内に2回、来日後は毎日、ウイルス検査を義務付けられている。

 3版は、帰国後の体調確認も求めた。14日以内に発症すれば、日本で感染した恐れがあるため、速やかに濃厚接触者の特定や検査をし、出国前に滞在していた選手村などのクラスター(感染集団)化を防ぐ。

 規則を守らない選手に対しては警告をするほか、大会参加に必要な資格認定証の 剥奪はくだつ や、大会からの除外などの処分、制裁金を科すことも決めた。

 コロナ禍を受け、初めて作成されたプレーブックは今年2月に公表された。4月の改訂を経て、今回は「最終版」と位置付けていたが、感染状況などに応じて変更する可能性があることから、3版と表記した。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
2127000 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/15 23:49:00 2021/06/16 00:07:33 2021/06/16 00:07:33 FILE PHOTO: The Olympic rings are pictured in front of the International Olympic Committee (IOC) in Lausanne, Switzerland, March 17, 2020. REUTERS/Denis Balibouse/File PhotoスイスのIOC本部=ロイター。国際オリンピック委員会(IOC)は新型コロナウイルスの感染拡大のため、東京五輪・パラリンピックの延期について検討を始めると発表した。2020年3月17日撮影。同月23日夕刊「五輪 延期検討 IOC発表 安倍首相も容認 新型コロナ 中止は否定」掲載。二次利用は写真部に連絡を。クレジット:ロイター https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210615-OYT1I50105-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース