ニュース

高倉監督「なでしこ10番は穂希さんだった」「岩渕に意図的に8番背負わせて成長待ってきた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京オリンピックに臨むメンバーを発表したサッカーの日本女子代表(なでしこジャパン)。18日の記者会見で、高倉麻子監督は「金メダルを取りにいけるチームになれる」などと、18選手への期待を口にした。主な発言は以下の通り。

記者会見で東京五輪メンバーを発表した、なでしこジャパンの高倉麻子監督(日本サッカー協会提供)
記者会見で東京五輪メンバーを発表した、なでしこジャパンの高倉麻子監督(日本サッカー協会提供)

 「たくさんの合宿や遠征を通じて、選手個々の努力、日頃のプレーを注意深く見てきた。誰を選べば日本女子サッカーのベストを尽くせるか。世界を相手に戦える要素を、どの選手も持っていたが、総合的にみて18人を選んだ。特に最後の1人か2人は悩んだけれども、今朝散歩に出て決断した」

 「ポジションのバランスを考えて(18人を)選考した。ビルを建てるのと同じで、一つのピースを変えたら、ほかのピースのバランスも変わってしまう。考えを絞った」

 「日本女子サッカーの方向性を考えながら、様々な選手を試してきた中で、選手たち自身が躍動するようになり、私が目指すサッカーと歯車が合ってきたのを感じている。五輪の試合を通じて選手が成長していけば、金メダルを取りにいけるチームになれる」

 「熊谷紗希にキャプテンを託す。2011年の女子ワールドカップ(W杯)優勝メンバーの一人だし、欧州チャンピオンズリーグを連覇したチーム(リヨン)でレギュラーを張ってきた。人の意見に耳を傾ける器の大きさもあり、彼女しかいないと思った」

 「なでしこの背番号10といえば、象徴的な選手は澤穂希さんだと思うし、私も重い意味があると感じている。このチームが発足した時から、岩渕は10番候補だった。人間的に成長した時にと考え、意図的に8番を背負わせて成長を待ってきた。最近の合宿中の言動に強い自覚が感じられ、今任せればしっかり10番の責任を果たしてくれると考えた。東京五輪という大舞台で、チームの浮き沈みを背負って立つ気迫をもって躍動してくれると期待している」

 「メンバーを選んで、東京オリンピックという素晴らしい舞台への覚悟は固まった。世界のレベルアップ速度は速く、フィジカル(体の大きさや力)を前面に押し出して戦うチームが多い。私たちは、自分たちの武器を生かして戦う。11年や(ロンドン五輪で銀メダルを取った)12年に世界のトップで結果を出した奇跡のチームに追いつき、追い越せるよう、一つになって戦っていく」

無断転載・複製を禁じます
2136668 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/18 18:07:00 2021/06/18 18:22:22 2021/06/18 18:22:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYT1I50088-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「サッカー」のニュース

オリンピック 新着ニュース