ニュース

五輪パブリックビューイング、都内全て中止…ワクチン接種会場に転用

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都の小池百合子知事は19日、東京五輪・パラリンピック期間中に都内で予定していたパブリックビューイング(PV)を、全て中止すると表明した。開設を予定していた6か所は、主に新型コロナウイルスワクチンの接種会場に転用する。

小池都知事
小池都知事

 都は大会期間中、PVとステージイベントなどを行う「ライブサイト」を代々木公園(渋谷区)と井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)の2か所に、PVだけの会場を日比谷公園(千代田区)や調布駅前(調布市)など4か所に設ける計画だった。

 しかし、新型コロナの感染拡大を受け、今月初めに代々木公園をワクチン接種会場とすることを決定。さらに、ワクチン接種の加速化と大会期間中の人出の抑制を図るため、井の頭公園など3か所もワクチン接種会場として使用することを決めた。残る2か所では無観客でイベントを実施し、配信などを行う。

 発表に先立ち、小池知事は首相公邸で菅首相と面会。21日に予定されている政府と大会組織委員会、都、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の5者会談に向け、意見交換した。

 小池知事は報道陣の取材に「都の考え方を示し、首相の理解を得た。大会を成功させるために必要な対策だ」と語った。大会期間中のPVは、埼玉県や千葉県なども中止を決定している。

無断転載・複製を禁じます
2138468 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/19 17:11:00 2021/06/19 23:44:32 2021/06/19 23:44:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210619-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース