ニュース

都内の聖火公道リレー、中止は最初の3日間…無観客の代替イベント検討

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東京都庁
東京都庁

 東京都は7月9日から始まる東京五輪の聖火リレーの一部日程について、公道での走行を取りやめる方向で調整に入った。新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が、リレー期間中に都内に適用されるためで、無観客の代替イベントの実施も検討している。

 都内のリレーは、7月9日に駒沢オリンピック公園(世田谷区)をスタートし、開会式が行われる23日に会場の国立競技場(新宿区)に到着する。15日間で都内の全62区市町村を巡り、1000人以上のランナーが参加する見通しだ。

 今月21日から7月11日まで重点措置が適用されるため、世田谷区や八王子市などを走る最初の3日間が措置期間と重なる。都はこの3日間は公道のリレーを中止する方向で調整している。

 11日のコースは重点措置の対象区域外の奥多摩町や檜原村が含まれており、都は大会組織委員会などと協議を進め、対応を決める。

無断転載・複製を禁じます
2139042 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/19 21:56:00 2021/06/19 21:56:00 2021/06/19 21:56:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210619-OYT1I50107-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース