ニュース

山梨は公道で実施…知事「観覧はライブ中継で」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山梨県の長崎知事は18日の記者会見で、26、27日の東京五輪聖火リレーを公道で実施すると発表した。中北地域の高校で新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が発生したが、「感染制御に重大な脅威とは認められない」と判断。観客には沿道ではなくライブ中継での観覧を求めた。

聖火リレー観覧の注意点を説明する長崎知事(18日、県防災新館で)
聖火リレー観覧の注意点を説明する長崎知事(18日、県防災新館で)

 県内では今月に入ってクラスターが多発し、知事は公道での実施断念も視野に検討していた。その後、感染拡大は一時落ち着いたものの、17日には高校でクラスターが確認された。

 知事は今回のクラスターについて「軽症・無症状者が多く、病床を圧迫する可能性は低い」との考えを示した。20日まで県民に求めていた、不要不急の外出自粛やイベント開催の制限も終了する。

 聖火リレーでは、観覧者に対し、なるべく自宅でライブ中継を見るよう求めた。運営関係者に対しては、リレー当日まで健康管理を要請。沿道で観覧者が密集しないよう配慮を呼びかける。また、1万人あたりの感染者数が1・5人を超える自治体や、人の密集が確認された区間では、応援グッズの配布を中止するといった対策を要請する。

 知事は、沿道で観覧する場合も、声を出さずに拍手による応援や人との距離を取るよう求め、「感染が再拡大すれば、改めて自粛をお願いすることを検討しなければならない。感染対策の徹底をお願いしたい」と訴えた。

無断転載・複製を禁じます
2137864 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/19 09:15:00 2021/06/19 09:15:00 2021/06/19 09:15:00 聖火リレー観覧の注意点を呼びかける長崎知事(18日、県防災新館で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210619-OYT8I50000-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース