ニュース

五輪チケット収入、当初見込み900億円の半分以下に

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は21日、5者会談後の記者会見で、観客数の制限でチケット収入が大会開催経費の予算に計上している900億円から半分以下に落ち込むとの見通しを明らかにした。その上で減収分の費用分担については、東京都や国と協議する方針を示した。

国立競技場付近に設置された五輪シンボルマーク
国立競技場付近に設置された五輪シンボルマーク

 決定した観客数の上限を各会場に当てはめると、五輪のチケット販売枚数は272万枚になる見込みだ。組織委は昨年までに448万枚を販売していたが、大会延期に伴ってキャンセルを受け付け、84万枚の払い戻しがあった。販売数は364万枚に減少し、再抽選を行うと、さらに92万枚少なくなるという。

 再抽選の対象となるセッション(時間帯)は1割強にとどまる。売上枚数が40%未満のセッションは半数程度に上るという。

無断転載・複製を禁じます
2143794 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/21 22:15:00 2021/06/21 22:38:37 2021/06/21 22:38:37 国立競技場付近に設置された五輪シンボルマーク。2020年3月23日撮影。同月29日朝刊[先週の出来事]「3月22日~28日」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210621-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「組織委」のニュース

オリンピック 新着ニュース