ニュース

組織委が酒販売「検討中」、医師会から異論…独占契約のアサヒビール「コメントする立場にない」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は、大会会場での観客への酒類販売の可否を検討している。ただ、与党や医師会からは、新型コロナウイルス感染防止のために販売しないよう求める声も出ている。

5者会談後、記者会見する組織委の橋本会長(21日午後、東京都中央区で)=代表撮影
5者会談後、記者会見する組織委の橋本会長(21日午後、東京都中央区で)=代表撮影

 組織委の橋本聖子会長は21日の記者会見で、酒類販売について「大声の抑止、安全な誘導の実現の観点や一般的ルールを かんが み、検討中だ」と述べた。

 これに対し、自民党の二階幹事長は22日の記者会見で、「注意を喚起する意味で、アルコール禁止ぐらいは考えておく必要がある」と語り、禁止を検討すべきだとの考えを示した。東京都医師会の尾崎治夫会長も22日の記者会見で、「会場で酒が提供されれば、直行直帰が守られなくなる。感染対策の面から見直してほしい」と述べた。

 大会ゴールドパートナーのアサヒビールは、ビールなどを競技会場や関連施設で独占的に提供・販売する契約を結んでいる。同社は22日、取材に対し、酒類販売について「コメントする立場にない」と答えた。

 これに関連し、丸川五輪相は22日の記者会見で「(スポンサーなどの)ステークホルダーの存在がどうしてもある。組織委には大声を出さず拍手だけで応援をするという観戦スタイルが貫かれるような形で検討してほしい」と注文をつけた。

無断転載・複製を禁じます
2147249 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/22 22:10:00 2021/06/22 22:10:00 2021/06/22 22:10:00 政府、東京都、大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)による5者協議後、記者会見する東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長=東京都中央区の晴海トリトンスクエアで2021年6月21日午後5時28分、幾島健太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210622-OYT1I50142-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース