ニュース

五輪会場で飲酒禁止、「直行直帰」求める…橋本会長「専門家の助言に基づき判断」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は23日、会場での飲酒、酒類の持ち込みや販売を禁止することを盛り込んだ観客向けの新型コロナウイルス対策ガイドライン(指針)を公表した。大会スポンサーのアサヒビールへの配慮などから制限を設けた形で飲酒を容認する案も検討したが、記者会見した橋本聖子会長は「専門家の助言に基づき、感染防止を図るために判断した」と説明した。

五輪シンボルマーク
五輪シンボルマーク

 橋本氏は、会場で酒類の販売を予定していた同社と協議し、「私たちの判断に同意をいただいた」と語った。ラウンジや飲食付きの観戦チケット購入者に対しても酒類は提供しない。

 ガイドラインでは、入場時の検温で37・5度以上を2度計測した場合は入場を認めないことを明記。会場ではグループ飲食を控え、自宅と会場の「直行直帰」や、チケットの半券やデータを最低14日間保管することも求めた。ルールを守らない観客に対しては入場拒否や退場措置を取るとした。

 組織委は記者会見に先立ち、関係自治体との連絡協議会を開催した。自治体側からは夜間の競技での観客の取り扱いについて問題が提起され、「まん延防止等重点措置」が期限を迎える7月11日までに結論を出すことで合意した。

 オンラインで出席した千葉県の熊谷俊人知事と埼玉県の大野元裕知事は会合後、それぞれの県庁で、午後9時以降に開催される競技は無観客とするよう組織委に求めたことを明らかにした。熊谷知事は「他の様々なイベントにもそう要請している。感染状況に劇的な改善がない限り、午後9時以降は高い確率で制限せざるを得ない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
2148360 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/23 11:24:00 2021/06/23 12:31:42 2021/06/23 12:31:42 国立競技場付近に設置された五輪シンボルマーク。2020年3月23日撮影。同月29日朝刊[先週の出来事]「3月22日~28日」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース