ニュース

5年前に事故で右腕切断、同じ日に聖火リレー…「つらい記憶を上書きできた」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京オリンピックの聖火リレーが23日、静岡県内で始まり、96人のランナーが湖西市から静岡市までの7市で聖火をつないだ。生まれ育ったふるさとや、家族、友人らへの感謝の思いを胸に、晴れやかな表情で歩を進めた。

元気良く走る高橋さん
元気良く走る高橋さん

 牧之原台地上に広がる茶畑。島田市の高橋春華さん(25)は家族や友人、なじみの看護師らも見守る中、左手でトーチを掲げた。「支えてくれた人たちに感謝しながら走った。元気な姿を見せることができてよかった」と話した。

 5年前、右腕のひじから先を事故で失った。6月23日は、絶望と恐怖のどん底にあった切断手術の当日。「昨年、五輪が開かれれば24日に走っていた。この日になったのは運命。つらい記憶に(良い思い出を)“上書き”できた」

 手術後は利き手が使えず、周りの視線にも傷ついたが、立ち直りのきっかけはSNSだった。障害者らと交流し、母親たちがアップした障害を持つ子の天真 爛漫らんまん な笑顔に救われた。「命や家族の大切さなど、(事故で)多くを学んだ」と受けとめ、「明るくなった」と言われるまでになった。

 周囲への恩返しの思いで聖火ランナーに志願した。「私が走ることで勇気や希望が届き、障害者を見る目が変われば」と願う。

無断転載・複製を禁じます
2151931 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/24 11:06:00 2021/06/24 11:06:00 2021/06/24 11:06:00 笑顔で走る高橋春華さん(23日午後4時21分、静岡県島田市で)=高橋美帆撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210624-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース