ニュース

「引き立て役」だった多田、ヒーローに…普段は柔和で穏やかだが「めちゃめちゃ負けず嫌い」

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 25日に大阪市のヤンマースタジアム長居で行われた陸上の日本選手権兼東京五輪代表選考会(読売新聞社など後援)の男子100メートル決勝で、多田修平選手(25)(住友電工)が10秒15で初優勝し、初の五輪代表を勝ち取った。過去、日本記録が樹立された2度のレースで2位。「引き立て役」に回っていた男が激戦を制し、夏の主役に名乗りを上げた。

男子100メートルを制した多田修平選手(25日、ヤンマースタジアム長居で)=関口寛人撮影
男子100メートルを制した多田修平選手(25日、ヤンマースタジアム長居で)=関口寛人撮影

 2017年秋、桐生祥秀選手(25)(日本生命)が日本人で初めて「10秒の壁」を破る9秒98の日本記録(当時)を樹立したレースで、10秒07の好タイムを出しながら2位。今月6日には、山県亮太選手(29)(セイコー)が9秒95の日本新をマークしたレースで、自己ベストの10秒01ながらまたも2位。「引き立て役みたい」と悔しさをあらわにした。

 大阪府東大阪市出身。中学、高校と全国区の選手ではなかった。転機は関西学院大3年だった17年。大会で競った04年アテネ五輪金メダルのジャスティン・ガトリン選手(米)から「素晴らしいスタートダッシュだ」と絶賛された。この年、追い風4・5メートルの参考記録ながら9秒94をマークして注目を集め、「トップ選手に近づいた」と世界を見据えるようになった。

 普段は柔和で穏やかな人柄だが、自身は「めちゃめちゃ負けず嫌い」と言う。昨年の日本選手権は中盤まで先頭に立ちながら桐生選手らに逆転され、「悔しくて2か月くらい動画を見られなかった」と振り返る。

 男子100メートルは9秒台の自己記録保持者がひしめき、史上最もハイレベルな代表争いだった。この1年、後半もスピードを保てる体作りを続け、悔しさを晴らした。「東京五輪出場は最低限の目標。決勝進出、400メートルリレーで金メダルを取りたい」。地元の大阪で、その夢に一歩近づいた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2157012 0 東京オリンピック2020速報 2021/06/26 05:00:00 2021/06/26 07:15:04 男子100メートル決勝で優勝した多田修平(25日、ヤンマースタジアム長居で)=関口寛人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210626-OYT1I50009-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース