ニュース

「トーチキス」、美しい横浜港バックにフィナーレ

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ステージ上で手を振る石原さとみさん(右)ら(30日、横浜赤レンガ倉庫で)=川口正峰撮影
ステージ上で手を振る石原さとみさん(右)ら(30日、横浜赤レンガ倉庫で)=川口正峰撮影

 東京オリンピックの聖火リレーは神奈川県内最終日の30日、横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫で、公道走行に代わる「トーチキス」が行われ、96人の走者が聖火をつないでセレモニーの幕を下ろした。3日間で計267人が運んだ“平和の明かり”は1日から、千葉県に引き継がれる。

 美しい横浜港の景色をバックにした会場は、フィナーレにふさわしい雰囲気。グループごとに登場した走者は一列に並び、順番に隣の人へトーチの火を運んだ。終盤は雨に降られるあいにくの空模様だったが、見守った家族らはその雄姿にカメラを向け、マスク越しに「パパ頑張れ!」などと声援を送っていた。

 最終日とあって、各方面で活躍する著名人も続々と登場した。

 トップバッターを務めたのは、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のメンバーのうち神奈川出身の3人。華やかな3人から聖火を受け取った横浜DeNAベイスターズ前監督アレックス・ラミレスさん(46)は、現役時代からおなじみの「ゲッツ」を披露して会場を沸かせ、「侍ジャパン、頑張ってください。応援します」と野球競技の日本代表にエールを送った。次走者のタレント高橋みなみさん(30)は「AKB48時代にライブをやった横浜。縁を感じる」と笑顔で語った。

おなじみのポーズでそろえる「ももクロ」の3人とラミレスさん
おなじみのポーズでそろえる「ももクロ」の3人とラミレスさん

 横浜出身のタレント出川哲朗さん(57)、横浜生まれの女優草笛光子さん(87)、港北区育ちの俳優谷原章介さん(48)も参加。出川さんは両手でトーチを握りしめながら役目を果たすと、「責任重大でやばいよ、やばいよ~」とおどけてみせ、「大好きな街の代表として聖火ランナーができてうれしかった」と話した。

トーチキスを終え、記念撮影に応じる出川さん(左)と草笛さん
トーチキスを終え、記念撮影に応じる出川さん(左)と草笛さん

 聖火の到着を祝う「セレブレーション」の特設会場で、人気グループ「EXILE」のUSAさん(44)が最終走者として走り出したのは午後7時45分頃。光の演出の下、会場を1周し、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子会長や日本オリンピック委員会の山下泰裕会長、黒岩知事、聖火リレー公式アンバサダーの女優石原さとみさん(34)らが待つステージに向かった。

 USAさんがトーチを一度、天に向かって突き上げ、聖火皿に点火すると、会場で見守る走者たちから大きな拍手が送られた。USAさんは「最終地点の東京まで、一人でも多くの人たちの心を明るく照らす聖火リレーになることを願っている」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2169270 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/01 09:41:00 2021/07/01 09:47:15 記念撮影で手をふる(右から)石原さとみさん、田口亜希さん、USAさん(30日午後、横浜市で)=川口正峰撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210630-OYT8I50149-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「野球」のニュース

オリンピック 新着ニュース