ニュース

成田検疫で陽性のウガンダコーチ、療養解除の基準満たし大阪・泉佐野到着

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府泉佐野市は1日、東京五輪の事前合宿のため来日し、成田空港の検疫で新型コロナウイルス陽性が確認されたウガンダ選手団の男性コーチ(50歳代)について、国の療養解除基準を満たしたため入国し、同市に到着したと発表した。

 選手団は6月19日午後、9人で成田に到着したが、男性コーチは空港検疫で陽性が判明し、国が指定した療養先で待機していた。

 市によると男性は無症状で、国の基準(陽性を確認した検体の採取日から10日間)を満たしたため30日夕、療養先を出て、市の貸し切りバスで移動。1日未明に選手団が宿泊するホテルに到着した。

 選手団では別の1人の陽性が確認され、陰性のほかのメンバーも府泉佐野保健所が濃厚接触者と認定。市が今月6日まで練習の自粛とホテル自室での待機を求めており、男性コーチも選手団の他のメンバーと別フロアの自室で待機する。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2169236 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/01 09:16:00 2021/07/01 09:16:00

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース