ニュース

五輪開会式、30分延長し午後11時半終了に…コロナ対策で入場行進に時間

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

五輪のモニュメント
五輪のモニュメント

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は2日、23日午後8時から国立競技場(東京都新宿区)で行う五輪開会式を30分延長し、終了時刻を午後11時半にすると発表した。新型コロナウイルス対策として、入場行進で選手間の距離を2メートルにする必要があり、従来の計画より時間を要することから変更した。

 組織委は「(式典の簡素化で)パフォーマンスを披露する時間などは短縮したが、行進の列が長くなるので式全体の時間が延びてしまった」と説明している。五輪とパラの閉会式は、演出の見直しで時間が短縮され、計画より30分早い午後10時半の終了となった。

無断転載・複製を禁じます
2175140 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/02 20:54:00 2021/07/21 19:31:12 国立競技場付近にある五輪のモニュメント。東京都新宿区で。2020年3月23日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210702-OYT1I50175-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース