ニュース

脳内出血で倒れたサーフィン界のパイオニア、聖火掲げ「競技広めたい」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京オリンピックの聖火リレーが1日、千葉県内で始まった。山武市の蓮沼海浜公園を会場に点火セレモニーが開かれ、ステージ上でトーチを近づけて火を移す「トーチキス」が行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、21市町で行われる予定だった走行は見送られたが、この日、参加した70人のランナーはそれぞれの思いを胸に聖火をつないだ。

トーチキスの後、手を振る阿出川輝雄さん(左)と増田明美さん(1日、山武市で)=早坂洋祐撮影
トーチキスの後、手を振る阿出川輝雄さん(左)と増田明美さん(1日、山武市で)=早坂洋祐撮影

 「五輪に出場する選手の力になれればと思っていたので、聖火をつなげてよかった」。いすみ市の 阿出川あでがわ 輝雄さん(78)は、セレモニー後、 安堵あんど した様子で話した。

 サーフボード作りや世界大会の開催に尽力した日本サーフィン界のパイオニア。東京五輪で初めて行われるサーフィンは自宅近くの一宮町の釣ヶ崎海岸が会場で、思いはひとしおだった。

 サーフィンとの出会いは、前回の東京五輪が行われた1964年、留学のため米国・ロサンゼルスに渡った時だ。「テッド」の愛称で現地に溶けこみ、サーフィンの魅力にとりつかれた。

 サーフボードの作り方を覚え、帰国後に東京・神田に工場を構えた。日本では当時、サーフィンが新しい文化だった。サーフボードを買えるといううわさを聞きつけたサーファーが訪れ、売り上げは順調に伸びた。「東京五輪のおかげなのか、新しいことをやってみたいという若者が増えていた」と振り返る。

 70年にいすみ市に拠点を置いた。79年に同市で開催した世界大会には、「どうやって集まったかわからない」ほど、世界各地からの参加があった。

 だが、60歳の時に脳内出血で倒れ、右半身が不自由に。医師から「もう歩けない」と言われたが、歩く練習を続け、補助なしでも歩けるまで回復した。ハワイで感銘を受けた障害者サーフィンを広めようと、「日本障害者サーフィン協会」の設立に携わるなど、サーフィンへの情熱は衰えていない。

 地元の海岸線を走ることを思い描いて、大会延期後も走る練習を積んでいた。今回の経験を生かし、「今後も競技を広めていきたい」と力を込めた。

無断転載・複製を禁じます
2172659 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/02 09:30:00 2021/07/02 10:23:22 いすみ市と一宮町の聖火ランナーと記念撮影する阿出川輝雄さん(左)とマラソン解説者の増田明美さん(1日午後4時24分、千葉県山武市で)=早坂洋祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210702-OYT8I50000-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース