ニュース

水鉄砲から液体、女が聖火ランナーの走行妨害「五輪やめろ」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 聖火リレーの走行を妨害したとして、茨城県警水戸署は4日、日立市の無職の女(53)を威力業務妨害容疑で現行犯逮捕した。

茨城県警察本部
茨城県警察本部

 同署によると、女は同日午後7時35分頃、水戸市千波町の沿道で、「オリンピック反対。五輪やめろ」などと言いながら、水鉄砲で液体をかけ、ランナーの走行を妨害した疑い。液体をかけられたのはこの日の最終走者で、1964年の東京五輪と68年メキシコ五輪の陸上男子100メートルに出場した飯島秀雄さん(77)だった。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2179708 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/05 10:32:00 2021/07/05 10:32:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210705-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース