ニュース

秩父鉄道で聖火走る、ランナーはギランバレー症候群を克服した女性

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京オリンピックの聖火リレーは7日、埼玉県内2日目を迎え、81人のランナーが15市町を聖火とともに巡った。皆野町と長瀞町の間は「長瀞ラインくだり」で、秩父市では列車で、聖火が運ばれた。8日は13市町で聖火をつなぎ、ゴール地点のさいたま市でのセレモニーで締めくくる。

 秩父市では、聖火はいったんランタンに移され、秩父鉄道の秩父駅から親鼻駅まで、秩父鉄道の列車で運ばれた。

 担当したランナーは、前野恵さん(26)。神経難病のギラン・バレー症候群を克服した。

列車の前でランタンの聖火を掲げる前野さん(秩父市で)
列車の前でランタンの聖火を掲げる前野さん(秩父市で)

 子どもの頃からスポーツ好きで、中高時代は陸上部。卒業後、選手を支えるトレーナーとなることを決め、国内外で活躍してきた。

 ところが22歳の時、突然、手足のしびれに襲われる。検査の結果、免疫が 末梢まっしょう 神経を攻撃し、主に手足が脱力するギラン・バレー症候群とわかった。幸い発見が早く、投薬治療やリハビリを経て、日常生活が送れるようになった。

 五輪選手のトレーナーになる夢は諦めざるを得なかったが、地元で小学生にポートボールを教えられるまでに回復。「どうしても五輪に関わりたい」との思いから聖火ランナーに応募した。

 この日は沿道の声援に笑顔でこたえながら、赤や黄色、青など五輪カラーの電気機関車に引かれた列車に乗り込んだ。

 一度は諦めた五輪に関わるという夢。「追いかけ続ければ夢はかなう」。支えてくれた家族や友人、そして郷土に感謝を込めながら、聖火をリレーした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2188697 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/08 09:31:00 2021/07/08 09:58:32 聖火を電気機関車で運ぶ前野恵さん(代表撮影)(7日、秩父市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210707-OYT8I50131-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース