ニュース

小池知事「断腸の思い」、村井・宮城知事は「筋が通らない」…五輪無観客

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の観客について、競技会場のある都県の知事から発言が相次いだ。

記者会見で発言する東京都の小池百合子知事(8日午後10時39分、都庁で)=菅原智撮影
記者会見で発言する東京都の小池百合子知事(8日午後10時39分、都庁で)=菅原智撮影

 小池百合子都知事は8日深夜の記者会見で、都内の会場を無観客にすることについて、「断腸の思いだが、自宅で安全安心に大会をご覧いただきたい」と述べた。

 サッカー会場がある茨城県の大井川和彦知事は「原則無観客」としながら、児童・生徒にチケットを割り当てる「学校連携観戦プログラム」に申し込んだ県内の小中高生に限り、観戦を認めることを明らかにした。

 一方、サッカー10試合を有観客で実施することになった宮城県の村井嘉浩知事は、読売新聞の取材に「プロ野球やJリーグの試合が入場者数を制限して行われており、五輪だけ観客を入れないのは筋が通らない」と述べた。その上で、「『復興五輪』でもあるので、試合を見に来る方々に、東日本大震災から復興した様子や支援への感謝を伝えたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2191819 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/09 00:49:00 2021/07/09 13:22:12 臨時記者会見に臨む東京都の小池百合子知事(8日午後10時39分、都庁で)=菅原智撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210709-OYT1I50009-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「野球」のニュース

オリンピック 新着ニュース