ニュース

バド1次リーグ、桃田は第1シードでA組…奥原・山口の直接対決は決勝

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪のバドミントン1次リーグの組み合わせ抽選が8日に行われ、男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)は第1シードで、同38位の韓国選手、同88位の米国選手と同じA組に入った。女子シングルスの奥原希望(太陽ホールディングス)はE組、山口茜(再春館製薬所)はL組で、直接対決するのは金メダルをかけた決勝となる。シングルスは男女ともに14組に分かれ、各組1位が決勝トーナメントに進む。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2194167 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/09 19:44:00 2021/07/09 19:44:00

「バドミントン」のニュース

オリンピック 新着ニュース