ニュース

バッハ会長「リスクを持ち込むことは絶対にない」…首相に感染対策の実行を約束

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は14日、首相官邸で国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と会談し、東京五輪の成功に向けて協力することで一致した。

IOCのバッハ会長(左)との会談に臨む菅首相(14日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影
IOCのバッハ会長(左)との会談に臨む菅首相(14日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 首相は会談で、新型コロナウイルス感染対策について、「全ての関係者が適切な行動をとることが大会の成功に不可欠だ。主催者として徹底するよう努めてほしい」と求めた。

 バッハ氏は「日本国民に対し、リスクを我々が持ち込むことは絶対にない」と応じ、対策の実行を約束した。参加する選手の85%、IOC関係者ほぼ全員がワクチン接種を実施したことも報告した。

 会談後、バッハ氏は記者団に「長年努力してきたアスリートたちを温かく迎えてほしい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2206830 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/14 20:41:00 2021/07/14 20:41:00 IOCのバッハ会長(左)の表敬を受ける菅首相(14日午後3時21分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210714-OYT1I50150-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース