ニュース

なでしこ、札幌拠点に最終調整へ…組織委は聖火台の観覧自粛呼びかけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪は16日で開幕まで1週間となる。各国・地域選手団の入国が相次ぎ、日本代表の調整も最終段階に入った。

初戦に向け、北海道入りする岩渕真奈選手(左)らサッカー日本女子代表(15日午後、新千歳空港で)=松本拓也撮影
初戦に向け、北海道入りする岩渕真奈選手(左)らサッカー日本女子代表(15日午後、新千歳空港で)=松本拓也撮影

 開会式に先立って札幌ドーム(札幌市)で21日行われる初戦に備え、サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」が15日夕、新千歳空港に到着した。

 世界ランキング10位の日本は前夜、最後の強化試合で豪州代表を破った。今後、札幌市を拠点に最終調整を行い、無観客開催される1次リーグのカナダ戦に臨む。

 一方、東京五輪の大会組織委員会は15日、東京・臨海部の「夢の大橋」に設置する聖火台の観覧自粛を呼びかけた。東京都内で4回目の緊急事態宣言が発令されていることを考慮した。

 聖火は23日の開会式で、国立競技場の聖火台に点火される。競技場の設計上、常設できないため、式終了後、夢の大橋に設置した同じデザインの聖火台に火を移し、多くの人に楽しんでもらう予定だった。

 火は予定通り、移されるが、組織委は聖火台をフェンスで囲い、スタッフが観覧自粛を呼びかける。周辺で行う予定だった選手の練習公開や、芸術作品を披露するイベントも中止する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2210251 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/15 21:46:00 2021/07/16 02:27:03 カナダとの初戦へ向けて、新千歳空港に到着したサッカー女子日本代表の岩渕選手(左)ら(15日午後5時31分、新千歳空港で)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210715-OYT1I50167-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「サッカー」のニュース

オリンピック 新着ニュース